30代から始めるミニマルライフログ

30代でうつ病を発症したことをきっかけに、シンプルでミニマルな暮らしを目指す記録です。

【無印良品】ダブルガーゼシャツを購入(1/11迄値下げ中)

かねてより、少し活動する意欲が湧いたらクローゼットの整理をしようと考えていました。

クローゼットを開けるたび気になっていたのが、2枚の白シャツ。

1枚はオックスフォードのスタンドカラーのシャツ。

 

www.chandan10t11.com

 こちらの記事でダウンジャケットの中に着せているものです。

もう1枚はブロードのレギュラーカラー。

どちらも無印良品で購入したもの。

 

どちらも残念ながら着用頻度は1月に1度着れば良い方で、着たいなと思いつつもなかなか手が伸びませんでした。

 

なぜシャツを着ないのか、どんなシャツなら長く着続けられるのかをここ数日なんとなく考えていました。

 

着ることを遠ざけている1番の理由は、着ていてストレスがあることでした。

カットソーと違い生地に伸縮性がないことが体の動きを妨げてしまうこと、特にオックスフォード地には特有のごわつき感も加わり着心地が悪いものと言うイメージができてしまったように思います(高級な物はそうではないのかもしれませんし、あくまで私的な考えです)。

 

腕や胴回りがもう少し細ければ着心地が違ったかもしれませんが、比較的がっしりした体型なので肩や胸がいつも窮屈、かといってサイズを上げると袖や裾がダボダボで非常にだらしなくなってしまいます。

 

もう一つの理由は、ケアに時間がかかることです。

洗濯後干す際にシワを伸ばすのに手間取ったり、あるいは糊付けしたり。

白シャツ自体は素敵で着たいと思っているはずなのに、1度着ただけで襟袖の汚れが気になって、その度汚れ落とし用の石鹸で手洗いしたり。

正直そこまで丁寧に時間を掛けられるほどの時間も労力もないのです。

 

着て外を歩きたいという欲求に対してその他もろもろのデメリットが勝ってしまう状態

イコール「着ない」になる。

 

ストレッチの効いたシャツというのも考えましたが、楽天のあまり知らない店舗が取り扱っているものがほとんどで、現物を見ずに買うのは憚られるものでした。

 

いっそシャツを着ない生活でもいいかなと思っていた矢先、通院帰りにふらっと寄った無印良品でガーゼシャツが値下げされているのを見つけました。

www.muji.net

 

これなら大丈夫かもしれないと購入。着てみてばっちり。直感が当たりました。

このシャツの(私的)良いところ

  • 真っ白ではないところ(汚れにナーバスにならない)
  • カーゼ生地の特性である、肌当たりの柔らかさと適度な伸縮性(ストレスなく着ていられる)
  • 白シャツ特有のドレス的要素がないため、ある程度の洗濯ジワは許容範(楽!※洗濯ネットには必ず入れましょう)

やっと日常生活で着られるシャツが見つかりました。

明日からガシガシ着ようと思います。