30代から始めるミニマルライフログ

30代でうつ病を発症したことをきっかけに、シンプルでミニマルな暮らしを目指す記録です。

吉岡商店の蚊帳ふきんを2ヶ月使用したのでレビュー 食器用ふきんや手拭きに最適!

こんにちは、ミニマリスト志望のchandanです。

今日は台所や水回りになくてはならない手拭きタオルについて紹介したいと思います。

我が家では、台所で使う食器用ふきんの他に、台所、洗面所、トイレの3箇所で手拭き用のタオルを使っていましたが、乾きづらさや臭いが気になるようになったためそれらをすべて処分し、吸水力がよく乾きやすいかや織りふきんに買い換えることにしました。

 

www.chandan10t11.com

 

使い始めて2ヶ月が経ちましたが、非常に使い勝手がよく、今回新たにリピート買いしましたので使い心地などをレビューしたいと思います。

購入したのはこちら、吉岡商店の奈良県産蚊帳ふきんです。

吉岡商店蚊帳ふきんの良かったこと3つ

1.吸水性がよい

食器用ふきんとして使用している他、キッチンや洗面所、トイレの3箇所に手拭きとしても使用しているのですが、吸水性がよくしっかりと水気が切れます。

以前は無印良品の落ち綿ふきんを食器用に使用していたのですが、洗い物がたくさん出たときには食器や鍋の水分を取りきれず、食器が乾いたときに拭き跡が残ってしまうことがありました。

かや織りふきんの場合そんなことはなく、そのまま食器棚に戻しても問題ないくらいのレベルで水分を拭き取ることができます。

 

2.乾きやすく臭いにくい

タオルやふきんには雑菌が繁殖しやすく、生乾きのような臭いが洗濯してもなかなか落ちずに非常にストレスを感じていましたが、かや織りふきんは乾くのが早いため、ほとんど臭いません。

衛生的に使うため1週間に1度くらいのペースで洗濯用漂白剤で浸け置き洗いをしますが臭い戻りはこれまで1度もありませんでした。

私達夫婦は臭いに敏感でストレスを感じやすいので、この問題が解決されたのはかなり大きかったです。

 

3.使うごとにどんどん柔らかくなり手触りが良い

購入直後はしっかり糊がきいているのでゴワゴワしますが、何回も使い洗っていくうちにびっくりするほど柔らかくなります。

前述の吸水性の良さも相まって、使い心地が今まで使っていたものの比にならないぐらいよいです。

洗い替え無しで約2ヶ月間使い倒したのでさすがに少し黒ずみが目立つようになったため、今回追加購入することにしました。

(2018.06.27追記:現在はこちらの商品を使っています。薄手のため更に乾きやすく柄も豊富です)

おわりに

今回は吉岡商店の蚊帳ふきんについて紹介しました。手拭きタオルの臭いに悩まされている方にはかなりおすすめしたい商品です。

価格も3枚で1000円以下、使い古しても台拭きや雑巾に転用できることを考えると十分元は取れると思います。

 暮らしの中で感じていた小さなストレスをふきんを変えることで解消することができますよ。