chandanのブログ

シンプルでミニマルな暮らしを目指す記録です。

明け方の寝汗がひどい!改善方法について考える

最近は明け方に寝汗に襲われ午前中は眠気と倦怠感でほとんど使い物にならない状態です。

漢方薬の処方と薬の変更もあり、中途覚醒も大幅に改善されているので睡眠時間は確保できているのでなんだかもったいない気持ちです。

 

 明け方に眠りが浅くなったときに夢を見ることが多いのですが、このときに興奮する夢や過度に緊張する夢だった際に脳が発汗の命令を出すことがあるとのこと。

この場合は生理現象のため問題はないそうです。

 

しかし大量の汗で寝間着が濡れ、体温がごっそり持っていかれるため目覚めから体力を奪われたような状態になってしまいます。熱めのシャワーを浴びてもなかなか体が温まらず、体が温まってくるころには強烈な眠気が来ます。

 

ちなみに昨日のブログで紹介した冷えとり靴下は、体温調節機能を妨げないように履かずに素足で寝ています。起床後シャワーをあびてすぐに履くようにしています。

 

www.chandan10t11.com

 

地道に生活リズムを整え、質の高い睡眠を取ることが改善への一番の近道のようです…。

 

今日できたこと

・寝具の洗濯

・つみたてNISAの口座開設