30代から始めるミニマルライフログ

30代でうつ病を発症したことをきっかけに、シンプルでミニマルな暮らしを目指す記録です。

デビットカード申し込みまでの流れ お金をついつい使いすぎてしまう人におすすめ!

こんにちは。ミニマリスト志望のchandanです。

今回はデビットカードを申し込むためにネット口座を開設した話です。

 

 

お金を手元にたくさん残すために考えたこと

ミニマリストを目指し始めて約2ヶ月、物の量はかなり減りました。

自分が何を持っていて何を持っていないかを把握できるようになり、日常生活でのストレスも軽減されました。

しかし、お金の管理については昔から苦手で、収入や支出の管理はいつもどんぶり勘定で気が付くと赤字になっていることもざらにありました。

現状の課題をいくつか挙げてみると

1.無駄遣いが多い

2.クレジットカードの使用に計画性がない

3.積立定期預金も休止中のため、資産形成ができない

この問題を解決するために、お金に関する本やミニマリストの先輩方のブログを参考にした結果、デビットカードというものを作ってみることにしました。

デビットカードとは?そのメリットは?

デビットカードは、クレジットカードとは違い使用分が預金口座から即時に支払われます。詳しくは下記のリンクを参考にしてください。

www.rakuten-bank.co.jp

 

 デビットカードのメリットとしては、

1.預金残高分以上の支払いができないので、使い過ぎることがない

2.クレジットカードが使えるほとんどの場合で使うことができる

3.使用した額に応じてポイント還元などの優待を受けられる

などが挙げられます。

無計画に現金やクレジットカードを使ってしまいがちな自分にとって、決められた額を口座に入金してその分だけ使うことができるという部分に惹かれました。

カードによって年会費の有無やVisaかJCBの選択、ポイント還元率などの違いがありますので、よく比較してみることをおすすめします。

今回私は、楽天銀行のJCBデビットを申し込むことにしました。

これに伴い、新たにネット銀行である楽天銀行の口座を開設することにしました。

楽天銀行の口座を開設した理由

1.普通口座でも証券口座との連携(マネーブリッジ)で年利が0.10%(通常0.02%)までアップする。

2.JCBデビットの年会費が無料。

3.楽天スーパーポイントが100円=1ポイント還元

1については、投資での資産運用にも興味があったので、そのことを見据えた上の選択です。それに加えて3の楽天スーパーポイントなど普段使っているサービスとの関連など、なるべく自分の生活にメリットが多く、シンプルに運用できるよう楽天銀行を選びました。

今後のお金の運用の仕方

今までのメイン口座は傷病手当金の入金と、もしものときの定期預金(半年分の生活費程度)の口座としてだけ使うようにする予定です。

楽天銀行を家計のメイン口座にすれば、アプリの資産管理機能で収支の管理が簡単に出来るようになります。

口座からの出入金があった際も登録メールアドレスに通知が来るので便利です。

 デメリットとしては、ATMの手数料が月7回を超えると有料になってしまう点ぐらいでしょうか。

ただ月に1度入金してあとは残高不足にならないようにデビットカードを使って行けば問題なさそうです。

おわりに

今回は支出の管理をするために楽天銀行の口座開設と楽天JCBデビットカードの申し込みをしたことについて書きました。

ちょっとした買い物もカードを使うことになるのと、カード決済ができない場所もあるのである程度の現金は持ち運ぶ必要がありそうですが、実際に使ってみながら調整してながらデビットカード生活を始めてみたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!