chandanのブログ

シンプルでミニマルな暮らしを目指す記録です。

【無印良品】ミニマリストはインナーダウンで冬も暖かく

先日、無印良品でインナーダウンを購入しました。

以前の記事で、秋から冬にかけて着られる黒のインナーが欲しいという記事を書きました。

 

 

takeshi4473.hatenablog.com

 当初はニットを考えていましたが、無印良品でインナーダウンが発売されているのを見つけ、翌日には店舗で実際に試着し購入しました。

f:id:takeshi4473:20170925192646j:plain

こちらです。

 

今日は購入に至るまでの経緯をまとめてみたいと思います。

 

ニットを敬遠したい理由

私の場合、次のような理由でニットを購入しても長く着続ける事ができませんでした。

  • 毛玉が気になる
  • 体温調節が難しく、室内では汗をかいてしまう
  • 匂いが気になっても手軽に洗濯できない
  • お手入れに手間がかかる。(平干しするスペースがない)
  • ラムウールはチクチクして肌に合わない
  • 冬場の静電気がすごい(化繊のアウターとの相性が悪い)

肌に触れるものなので、着心地は重要です。汗で服の中が湿る感じやチクチクした刺激でイライラするので、購入してはあまり着ないうちにに手放すということを繰り返していました。

カシミヤ素材のものは肌触りも良いですが、値段の割には消耗が早くお手入れにも気を使う印象です。

 

しかし、冬の寒さを凌ぐためには、温かい衣服が必要です。

私の住んでいる北海道では、冬場の灯油代だけでも相当な出費となるので、ガンガンストーブを点けっぱなしにしていればいいという問題でもありません。

 

インナーダウン(ノーカラージャケット)が良い理由

最近は、インナーダウンが街着としても浸透してきました。

有名なのはやはりモンベルのこちらでしょうか。

  • 襟がない形状で薄手のため、コートやジャケットなどのアウターと干渉しない
  • インナーに襟付きシャツを着てもまとまりが良い
  • 軽くて保温性が良い
  • アウターとしても使える(カーディガン、セーターなどを持たなくても良くなる

などが挙げられます。ミニマリスト志向者としては、着心地がよく機能的でかさばらず、デザインがシンプルという物欲を刺激するアイテムです。今回、大好きな無印でこの形が発売されたときには購入を半ば決意していましたが、折角の機会なので本家とも言えるモンベルの商品と比較してみました。

 

モンベルと無印、比較してみました

公式サイトの情報と、試着しての感想などを

 

重さ:モンベル156g 無印は記載なしだが若干重い印象

薄さ:モンベルはかなり薄い印象 無印は少し膨らみが出る

暖かさ:モンベル800フィルパワー 無印750フィルパワー 数値上ではモンベルが優勢

シルエット:モンベルもだぶつく感じはないが、無印の方がタイトでシルエット良

価格:モンベル11,664円 無印5,990円

 

価格についてはモンベルは山での使用を想定した作りなので一概には言えませんが、街着として使用するのであれば無印のコストパフォーマンスが優れている印象です。

 

持ち運びについてはモンベルは付属のスタッフサックを使用、無印は内ポケットにたたみ込むような形で収納します。

f:id:takeshi4473:20170925192516j:plain

こんな感じです。少しコツが要りますが慣れれば問題なさそうです。

今回の購入で手放したもの

  • ラムウールのニット
  • コットンニットのプルオーバー

クローゼットの中もすっきりし、自分のお気に入りだけが残っている状態にほぼなりました。

まとめ

私は今回無印良品のものを購入しましたが、冬に向けて各ブランドでもこのような商品が出ていますので、それぞれのニーズに合ったものを検討されると良いと思います。

今回私が一番重視したのは価格です。休職中で予算も限られていたので…。

 

家着としても外出着としても使えそうなのでこの冬着倒す勢いで使ってみて、不都合があれば来シーズン以降アウトドアブランドなどワンランク上のものへの買い替えも検討してみたいと思います。

 

(追記)1月末の寒波到来の中行った本州方面への旅行でも大活躍しました。

旅の持ち物についてはこちらにどうぞ。

 

www.chandan10t11.com